福岡国際マラソン プレーバック 福岡国際マラソン公式サイト 福岡国際マラソン プレーバック

福岡市平和台競技場 雁の巣折り返し
午後0時15分スタート
(出場選手145人、完走者124人、天候晴れ、気温13.5度、湿度48%)

名前 所属 時間 大会結果詳細へ
1.瀬古 利彦 (エスビー食品) 2:08:52.0
2.ジュマ・イカンガー (タンザニア) 2:08:55.0
3.宗  茂 (旭化成) 2:09:11.0
最後の直線でイカンガー(タンザニア)を抜き去り、こぶしを突き上げて4度目の優勝テープを切る瀬古利彦(エスビー食品)

 この年2月の東京国際で1978〜80年の福岡で3連覇した瀬古利彦(エスビー食品)が、1年10カ月ぶりのフルマラソンに出場。日本人初の2時間8分台となる2時間8分38秒で優勝した。恩師の中村清監督が「神様の与えてくれた試練」と言った足の故障からの復活に、ロサンゼルス五輪代表選考会を兼ねた福岡でも、瀬古の走りに注目が集まった。
 ライバルの顔ぶれも豪華だった。日本の有力どころはすべて出場。海外からは、世界最高記録保持者(後に距離不足で記録抹消)のサラザール(米国)、五輪2連覇のチェルピンスキー(東ドイツ)、アフリカの新鋭イカンガー(タンザニア)らが顔をそろえた。
 レースは、イカンガーが先頭で引っ張り、15〜20キロで15分30秒台に落ちた以外はすべて15分10秒台のスプリット。27キロ付近から、約30人いた集団がばらけ始めた。
 35キロではイカンガー、サラザール、瀬古、伊藤国光(鐘紡)、宗茂、猛兄弟(旭化成)の6人に。39キロでイカンガーが飛び出すと、対応できたのは瀬古だけ。最後の2.195キロを6分20秒台で逃げるイカンガーにも動じず、背後にぴたりとつけた。
 そしてラスト100メートル。瀬古が鮮やかなスパートでイカンガーを抜き去り、3年ぶり4度目の優勝を飾った。終盤まで前に出ず、最後に爆発的なスパートで勝つ瀬古の「勝ちパターン」を象徴するレースだった。
 瀬古と3、4位の宗兄弟までが五輪代表に。5位はサラザール。6位の伊藤までが2時間10分を切る世界初のレースでもあった。

第36回(1982)へ 第38回(1984)へ