福岡国際マラソン プレーバック 福岡国際マラソン公式サイト 福岡国際マラソン プレーバック

福岡市平和台競技場〜雁の巣折り返し
正午スタート
(出場選手68人、完走者53人、天候曇り、気温14度、湿度55%)

名前 所属 時間 大会結果詳細へ
1.ウイリアム・ロジャース (米国) 2:10:55.3
2.レオニード・モイセーエフ (ソ連) 2:11:57.0
3.マシモ・マグナニ (イタリア) 2:13:04.0
17キロ付近を走る先頭集団。ナンバーカード2がロジャース(米国)

 ショーター(米国)の4連勝、ドレイトン(カナダ)の2連勝と続いた「福岡の王者」に、またも北米大陸の強力ランナーが名を連ねた。1976、77年のニューヨークシティを2連覇するなど1年間に出場した8大会のうち、途中棄権のボストンを除いて、すべて優勝という人並み外れたキャリアを持つウイリアム・ロジャース(米国)だ。
 レース前「マラソンは強いヤツが勝つんだ。年に6回ぐらい走ってもくたばらないような強いヤツがね」とまくし立てたロジャースの自信は、正真正銘のものだった。
 ロジャースを中心に15人ほどの先頭集団が、5キロ15分19秒、10キロを30分38秒とイーブンペース。典型的なサバイバルレースとなった。
 15キロで集団は12人となり、日本選手は3人。さらに集団は絞られ、折り返しでは外国勢2人と日本勢2人に。ロジャース、阪本峰照(日立造船)、宗猛(旭化成)、モイセーエフ(ソ連)の順で通過した。
 だが、日本勢で最有力と見られた宗猛が29キロ手前で失速。モイセーエフも30キロで脱落。小柄な阪本が、唯一、ロジャースに食い下がったが、34キロで離れた。
 その後独走となったロジャースは、41キロの給水を立ち止まってとる余裕も見せて、同年の世界最高となる2時間10分55秒3でフィニッシュ。これで外国勢の7連勝となった。
 日本勢ではマラソン2度目の早大2年、瀬古利彦が健闘した。福岡初出場ながら35キロ以降によく追い上げて日本人最高の5位に入り、大器の片鱗をチラリと見せつけた。

第30回(1976)へ 第32回(1978)へ