福岡国際マラソン プレーバック 福岡国際マラソン公式サイト 福岡国際マラソン プレーバック

広島市役所前〜宮島口駅前折り返し
午後1時スタート
(出場選手65人、天候雪)

名前 所属 時間 大会結果詳細へ
1.小柳 舜治 (山口) 2:30:47
2.西田 勝雄 (東京) 2:30:50
3.拝郷 弘美 (徳島) 2:31:00
第4回大会のスタート

 終戦の年から、日本陸連は国際陸連から除名処分を受け、日本は国際大会に出場できずにいた。だがようやくこの年の8月、ブリュッセルで開かれた国際陸連総会で復帰が認められた。
 国民全体にはびこっていた虚脱感や劣等感を払拭しようと、金栗四三や「近代スポーツの父」と称された岡部平太らが中心となり、「オリンピック・マラソンに優勝する会」を結成。有力選手を集めた合宿が福岡など九州各地で行われ、再び世界を目指す明るい機運が芽生え始めていた。
 開催地の広島は、小雪が舞っていた。前年2位の山田敬蔵(秋田)が飛ばして序盤をリードしたが、中間点寸前で宇部興産勤務の小柳舜治(山口)がトップに立った。「最初は非常に寒く、手をこすりながら無自覚に走った」という小柳が温存した力を後半につなげた。
 ゴール間際、のちにヘルシンキ五輪代表となる西田勝雄(東京)が激しく追い込み、3秒差まで迫ったが、沿道の群衆の反応でそのことに気づいた小柳が辛くも逃げ切った。5位までが戦後の国内新記録、7位までが大会新記録だった。西田とともに小柳を追い上げて3位の拝郷弘美(徳島)までが、同年の世界ランク4、6、7位に相当する好タイムだった。
 「オリンピック・マラソンに優勝する会」で嘱望された当時高校生の田中茂樹(広島)が2時間39分20秒で10位。翌年のボストンを制する足がかりをこの大会でつかんだ。

第3回(1949)へ 第5回(1951)へ