福岡国際マラソン プレーバック 福岡国際マラソン公式サイト 福岡国際マラソン プレーバック

静岡市役所前~興津薩埵峠西口折り返し
午前11時スタート
(出場選手55人、天候晴れ)

名前 所属 時間 大会結果詳細へ
1.古賀 新三 (福岡) 2:40:26
2.山田 敬蔵 (秋田) 2:42:21
3.野田 義一 (香川) 2:44:33
優勝に向かって力走する古賀新三(福岡)

 戦後の食糧難の時代が続いていた。この年の開催社告には「宿泊は外食券、1泊400円から500円」とある。配給される外食券の量では足りず、地方から白米持参で参加した選手も多かった。都会の選手はそれをただうらやむだけだった。
 舞台は静岡へと移った。全日本毎日マラソンで1946~48年に3連覇していた当時の第一人者でベテランの古賀新三(福岡)と、その古賀が「新人ながら強敵」と警戒した当時22歳の山田敬蔵(秋田)とのマッチレースになった。
 飛び出したのは秋田から数日分の白米を携えてきた山田。5キロで古賀を早くも300メートル引き離し、折り返し(中間点)を1時間16分22秒で通過した。その時点で山田のリードは約100メートルあった。
 しかし後半は古賀がいぶし銀の粘りを見せる。25キロで山田に並び、約10キロを並走。そこから徐々に引き離し、2時間40分26秒で初優勝した。
 前年は故障で欠場。一昨年は残り2キロまで先頭を守りながら、右足を痛め、優勝の和田敏一(山口)を「お先にどうぞ」と激励し、2位に沈んでいた。
 1939年には2時間31分34秒をマークした名選手だったが、この時すでに42歳。古賀は、この大会を最後に競技生活に終止符を打った。

第2回(1948)へ 第4回(1950)へ